kanoco

夏の日の思い出

かのこの動画がありました

娘が密かに(?)何気ない日常を撮影してくれていたようです。

私は、ベランダでかのこのケージをせっせと洗っていて撮っていたのは知りませんでしたが、今となってはかけがえのない瞬間です。

名前を呼ばれて、寄り道しながら娘のところまでトコトコやって来るかのこ

掃除中で、ホースやら掃除機やらが映り込んでてお恥ずかしいのですが

ある夏の日のかのこ、です。



スマホの方はこちら☆です。

※音がなります。 にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

贈り物を

素敵な贈り物をいただきました。

箱を開けた瞬間、息をのみました
あまりにかのこにそっくりで!



羊毛人形作りの達人、うーたんママさんのご厚意で、かのこの(ブラッシングの時にとっておいた)ウサ毛を入れた「かのこ人形」を作っていただきました



こっちから見ても、



どこから見ても、かのこ ですっ

あまりの可愛さに娘と号泣してしまいました

かのこ柄。愛らしい目。優しい表情。
素敵すぎます。

うーたんママさんのお家のポポちゃんと、かのこは柄もお顔もそっくりで「よく似てますよね~」とお話ししたりしてました。

それで、うーたんママさん、まるで我が子のように愛と優しさをいっぱい詰めた「かのこ人形」作ってくださいました
心のこもった素敵なメッセージを添えて…



リビングの真ん中に飾っています家族が毎日会えるように。

うーたんママさん、本当にありがとうございました
これからも、ポポちゃんの元気で可愛い様子を見せていただくのを楽しみにしていますね。



また、かのこと一緒にいられるような気持ちになれました。

にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

励ましのコメント本当にありがとうございました。

これまでかのこを見守ってくださっていた方々の存在が、とてもありがたく救われる思いです。

かのこは、私たち家族をただただ幸せにしてくれた子でした。

可愛い姿とお別れする最後の瞬間も、かのこはスヤスヤ眠っているような穏やかな表情で、フワフワの毛はキラキラとしていて、いつまでも触れていたい。手を離したくない。その思いで胸が張り裂けそうでした。



かのこは、我が家に来る前から多くの方々に「幸せになるんだよ」と応援していただいていた 幸せなウサギだったと思います。

「叶子」と名づけてくださったちょびすけっとさんから、かのこへとても綺麗なお花をいただきました。いい香りが部屋に広がっています。



かのこを愛して、かのこと我が家のご縁を繋げてくださったちょびすけっとさんにはいくら感謝してもしきれないほどお世話になりました。

かのこが体調を崩すたびアドバイスや労いの言葉をかけてくださいました。

本当にありがとうございました。

初めてかのこがうちのケージに入って、警戒しながらもペレットやチモシーを食べてくれて大喜びした日のことを、今でも鮮明に覚えています。

私たちの時間を駆け抜けていった かのこ。

しっとり大人なオンナでありながら、時にアグレッシブに
一緒にいて、いつも楽しませてくれ、そして癒してくれました。

やっぱり かのこには「ありがとう。」という言葉しか見つかりません。


そして、かのこは多くの素敵な方々との出会いやご縁を運んでくれました。


今日は、「感謝」の気持ちでいっぱいの1日でした。



にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村

「さよなら」は言いたくないよ

かのこが、今朝、私たちのもとから旅立ってしまいました。

とても静かに、私の腕の中で可愛い天使ちゃんが、本物の天使になりました。




先週の土曜日からかのこの体調が急変し、たったの3日間。
あまりにめまぐるしく状況が変化し、私自身まだ何も気持ちが整理できないまま、こうして文章にしています。

大事な大事な可愛いかのこが、どんな風に旅立ったか、記録に残したくて、心と頭を整理したくて、書いてます。

金曜日にうっ滞の症状が出て、土曜日、病院へ。

レントゲンと血液検査をして、血液検査の結果から前回より腎臓機能が著しく悪化していることが判明。

早急に処置が必要で点滴通院することに。

夜、かのこが息苦しそうにしていたので次の日、詳しく調べていただくと、心臓が肥大し肺を圧迫していると。

心臓肥大、腎臓機能低下、うっ滞…そのどれもが楽観視できないレベルで、しかもそれぞれの投薬が別の症状を悪化させる恐れがある、という状況でした。

この時点で先生から信じられない一言が…「覚悟はしておいて下さい。」

まずは緊急性が最も高い、心臓のお薬を処方され、強制給餌をしたほうがいいと。



息が荒く辛そうなかのこは、やはり食欲などなく二度目の強制給餌を拒否して全く飲み込んでくれなくなりました。水分は点滴でかろうじて補給。

月曜日(3日目)、先生から医学的にできることの限界の説明を受け、今は呼吸を少しでも楽にしてあげることが最優先なので、高濃度の酸素室に入院を奨められました。

つまり、手の施しようがないという説明でした。

かのこを家に連れて帰りたい。
かのこは、家で看たい。

私の願いはそれだけでした。


そう伝えると、酸素ハウスを家に設置してはどうかと提案され、レンタルの手配を大急ぎでやりました。

幸いその日のうちに設置することができ、夕方にはかのこをお迎えに行き、家に連れて帰ることができました。

先生からは、その機械は最高濃度にして、給餌とお薬の時間以外はハウスから出さない方がいいと指示されました。





少しは呼吸が楽だったのか、この夜2日ぶりに自分でお水を舐めました。

口の前に持っていったバナナとすりおろしたリンゴを、少しですが食べてくれました。

かのこの「生きる力」を感じて嬉し泣きしてしまいました。





一晩乗り越えて、朝からまた大好きなバナナを一口。

お薬と給餌でハウスから出し、私が抱えている時に、かのこはゆっくりゆっくりと…。


私の腕の中で、

家族に見守られながら、

かのこは、本物の天使になりました。




にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村

すっぽり



かのちゃん…何を求めてそこに?(笑) にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。